団地キッチンご馳走だより

年季の入った団地のキッチンから出来上がるおいしいものの記録

安納芋のモンブラン

安納芋。

ここ最近でさつまいも界のキングに躍り出た芋。

大変おいしいのだけれど、「僕おいしいでしょ???」って主張してくるおいしさ。押しが強いおいしさ。

焼き芋にしておくには惜しい人材(芋材)だなと思ってしまいます。

安納芋の主張の強いおいしさを受け止めきれるようなスイーツを作りたいと思い、修行中のモンブランにすることにしました。

さてさて、おいしくできるかな?

 

ベースのタルトを焼く

アーモンドクリームのタルトだと重すぎるかなと思ったので重すぎず、軽すぎず食べられるベイクドチーズのタルトにします。

 

こちらのレシピを参考にしました↓

oceans-nadia.com

本当は高さのある型でやりたかったけれど敷き込みが自信なかったので使い慣れている15㎝の型で焼きました。

 

焼き芋クリームを作る

まずはオーブンでじっくり焼き芋にします。焼けたら皮をむいて裏ごしします。

f:id:konpix:20181106225619p:plain

焼き芋にした時点ですでにペーストかと思うほどのねっとり感。さすが安納芋!

安納芋を自ら調理したのは初めてだったのでものすごく驚きました。

評判通りしっかりと甘いので、砂糖は味を見ながら少量ずつ入れました。

水分が多いので弱火にかけてちょうどよい硬さにし、バターを加えて出来上がり。

やっぱりさつまいもにはバターでしょう!

冷蔵庫で冷やしておきます。

 

 

 

組み立て

タルトを組み立てていきます。

f:id:konpix:20181106225641j:plain

飾りには安納芋のグラッセと安納芋チップを用意しました。

中身のクリームはきなこ味です。いつぞやかに食べたきなこクリームと安納芋の組み合わせがとてもおいしかったので。

 

 

きなこクリームをならして…

f:id:konpix:20181106225708j:plain

 

 

焼き芋ペーストを絞って……

 

f:id:konpix:20181106225740j:plain

 

一回やり直してこのクオリティ…( ;∀;)

一生うまくなる気がしません…

 

f:id:konpix:20181106225828j:plain

粉砂糖をふってグラッセとチップスを飾り付けて…

 

 

 出来上がり!f:id:konpix:20181106230103j:plain

f:id:konpix:20181106225913j:plain

絞りにはてこずったけれど秋らしい色のモンブランに仕上がって満足です。

 

食べてみての感想

ねっとりとした焼き芋のクリームとミルキーなチーズタルトがよく合って、濃厚だけど優しい味わい。きなこクリームの香ばしい香りがアクセントになって最後まで飽きずに食べられます。和と洋のコラボレーション、ああ、ほっこり♪

安納芋のおいしさをがっしりうけとめるおいしい組み合わせになりました。

 

 

 今年の芋欲はだいぶ満たされたから、そろそろチョコ味のお菓子が食べたいな。